ATOUN 着用型ロボット、腰と腕を同時にアシスト、先行受注中 21年から出荷

2020年8月19日

ATOUN(奈良県奈良市)は、腕と腰を同時にアシストできる着用型ロボット・パワードウェアの「ATOUN MODEL Y + kote」の受注受付を8月から開始し、2021年1月から出荷開始する。

同製品は、腰をアシストするパワードウェア「ATOUN MODEL Y」に、腕をアシストするパーツ「kote」を搭載した、腕と腰の両方をアシストできるパワードウェア。

腕のアシストは、重量物を持つ動きを指先に取り付けたセンサーで感知し、肩付近のモーターによってパワーを調節しながらワイヤーを巻き上げ、手首を引き上げることで実現。片腕6kgf、両腕で腕12kgf+腰10kgfのアシスト力を発揮する。フレームレスで人の自由な動きを妨げず、現場の多様な作業に対応可能となっている。

IP44相当の防塵・防水性能で、農業や建設、災害復旧などの屋外作業時の小雨環境下でも活用可能。稼働時間は約2.5時間となっている。

ATOUN MODEL Y+kote