ソディック 金属3Dプリンタアルミ造形サービス、超短納期で試作

2020年7月29日

ソディックは、超短納期でシリンダブロック等の自動車部品の試作ができる、高速金属3Dプリンタによるアルミ合金造形のベンチマークテストサービスを開始する。

金属3Dプリンタには、高速金属3D造形と基準面加工の複合加工を1台の機械で実現する「LPM325」を使い、金属粉末にはアルミニウム合金「AlSi10Mg」を使用する。薄壁で複雑な形状の部品を造形でき、複合加工機能により基準面加工などの2次工程を時短が可能。多数個高速造形による高効率生産により、短納期での部品試作にも対応している。

すでに、社内でシリンダブロックの試作を行い、1個どりは約24時間、4個どりは約86時間で完成、空隙を抑制する独自の造形技術により自動車部品の求める強度/硬さ/力学的特性をクリアできる品質を実現している。

現在、量産品用途としての検証にも取り組んでおり、強度/耐久性に加え、コスト面でも、従来の鋳造によるアルミ製部品から高速金属3Dプリンタへの代替の可能性について研究開発を進めている。

多数個高速造形が可能