経産省・J-Startup 地域版スタート、北海道、東北、関西で

2020年7月29日

経済産業省は、世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を生み出し、革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供することを目的としたJ-Startupプログラムの地域版を開始する。

第一弾としてJ-Startup HOKKAIDO(札幌市)、J-Startup TOHOKU(仙台市)、J-Startup KANSAI(京都府、京都市、大阪府、大阪市、堺市、兵庫県、神戸市)でスタートする。

各J-Startup地域事務局が地域に根差した有望スタートアップ企業を選定し、公的機関と民間企業が連携して集中支援を提供して選定企業の飛躍的な成長を図る。また内閣府のスタートアップ・エコシステム拠点形成事業とも連動して、各地域のスタートアップ・エコシステムのさらなる強化を目指す。