「安全の国際会議」開催延期、21年4月以降で調整

2020年7月15日

10月12~13日に愛知・中部国際空港セントレアホールで開催を予定していた「SIAS 2020(第10回産業オートメーションシステムの安全に関する国際会議)」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、開催を21年4月以降に延期されることになった。

SIASは、カナダ、フランス、ドイツの安全専門家により1999年に開始された世界有数の安全国際会議。10回目のSIAS2020は、今年10月に日本で開催し、第4次産業革命の潮流に乗る安全安心技術がどうあるべきかなどを議論する予定であった。

なお、同時期に愛知県で開催予定であった経済産業省およびNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)主催の「ワールドロボットサミット2020」も21年度に開催延期になっている。