三菱電機 ローカル5G実証実験開始、新たなビジネス、サービス創出

2020年5月27日

三菱電機は、第5世代移動通信システム(5G)の実験試験局免許を取得し、同社の名古屋製作所でローカル5Gの実証実験を開始した。

5Gの周波数帯は主に通信事業者に割り当てられるが、IoTの普及など通信ニーズの多様化が進んでいることから、自治体や企業も利用可能な5Gを「ローカル5G」として2019年12月に制度化されている。

今回の実証実験では、ローカル5G基地局を介した同社FA製品同士の5G通信接続および5G通信性能の技術検証や、遠隔での運用保守作業、AR/VRを活用した作業効率化など、ローカル5Gユースケースの検討を行っていく。

今後は他の事業所での実証実験も順次開始し、同社事業所や研究所へのローカル5G環境の整備を推進。新たなビジネスやサービス創出に向けて、顧客やパートナー企業との共同研究や実証実験の場「5Gオープンイノベーションラボ」を20年度中に同社情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)に設置する予定としている。

5GアンテナユニットとFA製品