CLPA アドバイザーにバーク氏、CC-LinkIE TSN国際展開を推進

2020年5月13日

CC-Link協会(CLPA)は、グローバルストラテッジアドバイザーの役職を新設し、トーマス・J・バーク氏が就任した。

同氏は、OPC Foundationの前会長兼事務局長で、創設メンバーの一人として長年、製造現場から経営層まで多種多様な接続機器やアプリケーションにわたり、マルチベンダー、マルチプラットフォームのインフラを提供することを推進してきた。その経験を生かし、CC-Link IE TSNの国際展開を推進する。

具体的には、①グローバル市場におけるCC-Link IE TSNの認知度向上およびシェア拡大、②業界動向・業界標準をふまえた市場戦略の提案、③北米市場におけるパートナー数拡大、④ベンダー・ユーザーと一体となった活動促進、⑤他オープンネットワーク推進団体をはじめとする規格/標準化団体との相互連携を行っていく、またCLPAの海外支部と連携し、自動車・半導体・工作機械・食品など幅広い業界において、CC-Link IE TSNの優位性を発信していく。

トーマス・J・バーク氏