アイリスオーヤマ、AIカメラに参入

2020年4月22日

アイリスオーヤマは、全38機種の「AIカメラ」シリーズを4月20日から発売し、AIカメラ事業に新たに参入した。

今回発売のAIカメラは、AIアルゴリズム搭載モデル20機種とセキュリティカメラのスタンダードモデル10機種、全モデルに共通して使用できるビデオレコーダー8機種の合計38機種。

AIアルゴリズム搭載カメラは、マスクの着用認証や工事作業所などでのヘルメット着用を認識・分析でき、マスク着用時でも顔認証ができる機能を搭載している。混雑状況や滞在場所・時間をサーモグラフで可視化する「顧客動線ヒートマップ」や、車両番号や車体を認識する「車両認識・管理」「不審行動・不審者アラート」などの機能を搭載。カメラ本体にアルゴリズムを内蔵しており、分析結果のみをアプリケーションに送信するため、データ量は従来の1/100以下、顔認識スピードは0.2秒で解析が可能。

全モデルに4K UltraHDクオリティレンズを搭載、高解像度・高視野角での撮影や、暗視、逆光にも対応する。今後、無線制御照明システムや電子棚札、スライド棚などの商材との組み合わせにより、トータル・ソリューションの提案を行うとしている。

AIアルゴリズム搭載モデル