NEC IoTデバイスの真正性確保、セキュリティサービスをトータルで提供

2020年4月15日

NECは、IoTデバイスの真正性を確保するセキュリティサービスを7月から販売開始する。

近年、標準規格やガイドラインに沿ったIoTシステムのセキュリティ対策が重要となっており、その中で、IoTデバイスやデータが正しいものであるかの確認や、サイバー攻撃の発生とその原因を特定するための証跡を管理することも重視されている。

これらを踏まえ、同社は新サービスの第一弾として、デバイス認証に必要な証明書機能を搭載したエッジデバイス「NEC AI Accelerator」と、その管理ソフトウエア、IoTセキュリティ製品群を含めたサービスをトータルで提供する。同エッジデバイスは、製造履歴や物流履歴をブロックチェーンで証跡として記録・管理されており、真正性も確保されている。

今後は、デバイスに対するサイバー攻撃の検知や、製造から運用・廃棄までのライフサイクルに渡り、履歴証跡の真正性の確保と追跡、データ改ざんや不正アクセスなどのリスクからの保護を可能にし、対象製品を他の自社製品に広げ、さらにセキュアなデバイス製造ノウハウをパートナー事業者にも展開していく予定。

サービス概要