パナソニック 最新Vieurekaカメラ、CPU搭載 多様なアプリ対応

パナソニックは、ディープラーニングの画像解析を、小型エッジコンピュータで実現する「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム」対応カメラの新機種「VRK-C301」を提供開始した。

同プラットフォームは、カメラ内の画像解析機能を遠隔から入れ替えることができ、工場での従業員の行動管理や店舗でのマーケティングなど、さまざまなシステムの構築に利用することができる。

新製品は、高性能CPUなどの搭載により、製造ラインでの不用品検出や、店舗の商品棚前での顧客行動分析など、従来機種よりもさらに多様なアプリケーションへ対応が可能となった。また、汎用プログラミング言語Pythonに対応し、アプリケーション開発が容易となり、さらにAWS IoT GreengrassやAmazon SageMaker Neoの搭載によって、開発環境がより充実している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG