パナソニック 最新Vieurekaカメラ、CPU搭載 多様なアプリ対応

2020年4月15日

パナソニックは、ディープラーニングの画像解析を、小型エッジコンピュータで実現する「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム」対応カメラの新機種「VRK-C301」を提供開始した。

同プラットフォームは、カメラ内の画像解析機能を遠隔から入れ替えることができ、工場での従業員の行動管理や店舗でのマーケティングなど、さまざまなシステムの構築に利用することができる。

新製品は、高性能CPUなどの搭載により、製造ラインでの不用品検出や、店舗の商品棚前での顧客行動分析など、従来機種よりもさらに多様なアプリケーションへ対応が可能となった。また、汎用プログラミング言語Pythonに対応し、アプリケーション開発が容易となり、さらにAWS IoT GreengrassやAmazon SageMaker Neoの搭載によって、開発環境がより充実している。