河村電器産業 軽量ステンレスキャビネット発売

2020年4月15日

河村電器産業(愛知県瀬戸市)は、屋外設置用の軽量ステンレスキャビネット「STOB・STOシリーズ」=写真=を発売した。新製品は、携帯電話中継基地局の光接続盤、分岐盤など屋外での情報通信機器の収納に適している。屋上・柱上設置を想定し、耐風圧、防水、防錆など耐環境性能を向上させている。耐風圧は毎秒60メートル以上、保護構造はIP44。

間口寸法を同社の従来機種より拡大しており、機器収納スペースが広く使える。軽量化により取り付け作業も簡単に行える。

STOBは木製基板タイプで、STOは鉄製基板タイプ。板厚はドア、ボディー共に1ミリメートル、塗装色はベージュ色。寸法によりさまざまなタイプが用意され、標準価格は1万1800-4万6900円。