アドバンテック 中国企業がパトロールロボ、新型コロナ対策向け同社の技術を活用

2020年4月8日

アドバンテックは、新型コロナウイルスの感染阻止の一環として、中国・Guangzhou Gosuncn Robot社がアドバンテックの技術を用いて、5Gパトロールロボットを開発したと発表した。

5Gパトロールロボットは、IoTアプリケーション向けの8th gen Intel Core iプロセッサとGPU iModule(MIC-75G20)、アドバンテックの高性能産業用エッジコンピューター(MIC-770)を搭載。MIC-770は頑丈なシャーシと鋳造アルミニウム製のヒートシンクで、振動や衝撃などによる過酷な条件下での24時間365日動作に耐えられるようになっている。

高解像度カメラ5台と赤外線温度計を装備し、半径5メートルの範囲で10人の体温を同時に計測することが可能。高熱を発している人やマスクを着用していない人を検知すると、関係当局に瞬時に通知を行い、取得した情報データは集中制御センターに送信され、リアルタイムで状況を確認し、対策への意思決定を行うことができる。自動運転と遠隔操作ができ、人によるパトロールの負担を軽減し、交差感染を防止する。

すでに広州、上海、西安、貴陽の各都市の空港やショッピングモールなどで導入が進んでいる。

中国・貴陽空港で乗客の温度チェックを実施する5Gパトロールロボット

■「AIとIoTによる成功事例集 コロナウイルス対策用 スマート5Gパトロールロボット」
 ダウンロードはコチラ