コンテック 名刺2枚分のサイズの超小型組み込みPC

コンテック(大阪市西淀川区)は、名刺2枚ほどの超小型サイズのファンレス組み込み用PCを開発し、ボックスコンピュータ最小・最軽量となる新「BX-U200シリーズ」として、1月15日から発売した。

新製品は、低消費電力プラットフォームのIntel Atomプロセッサx5-E3940(1.6GHz)を採用しており、十分なパフォーマンスでありながら低消費電力を実現。また、さまざまなアプリケーションに対応できる豊富な拡張インターフェイスを装備。USB Type-Cに対応したUSB3・1Gen1ポートを側面に搭載し、USB PDやDisplayPort Alt Mode対応のため、ケーブル1本で受給電とディスプレイに映像出力が可能。USB Type-C対応の周辺機器が広く活用できる。

Wi-Fi/Bluetoothを搭載した無線LANモデルも用意され、ITネットワークとフィールドネットワークをつなぐIoTゲートウェイ端末に最適となっている。

周囲温度はマイナス30~プラス50℃。VESA規格に対応した液晶ディスプレイの背面や、DINレールへの設置も可能。

BX-U200シリーズ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG