オプテックス・エフエー「第六回 現場川柳」大賞決定! 優秀賞など全15作品を発表

2020年1月27日


イラスト:見ル野 栄司氏

 

オプテックス・エフエーは、2019年10月〜12月に募集した「第六回 現場川柳」の受賞作品を発表した。

「現場川柳」は、同社が定め日本記念日協会の認定を受けた「センサ(10月3日)の日」を記念し、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などの「現場」にまつわる川柳を募集する企画。

第6回となる今回は、製造現場における高齢化や人手不足を詠った技術者目線の作品が多いなか、昨年話題となった老後二千万円問題への嘆きを現場流にうまく表現した川柳が大賞を受賞。また優秀賞には、技術者の共感を呼ぶものや、昨年問題になった芸能界における闇営業と働き方改革をうまく絡めた川柳などが選ばれた。

今回は応募総数9,946作品の中から、特別選考委員で元エンジニア漫画家の見ル野 栄司(みるのえいじ)氏と社内選考委員により、厳正なる選考を実施。大賞の他、見ル野賞(1作品)、優秀賞(3作品)、入賞(10作品)が選出された。

なお、2020年も10月3日から「第七回 現場川柳」の作品募集を実施予定。

 

 

 

 

 

おばちゃんが ビッグデータの わが職場

(だいちゃんZ!さん)

 
 
 
 
 

カップ麺 重しはいつも 平ワッシャー

(眠子さん)

 
 
 
 
 

欲しいのは クラウドよりも 若人よ

(まどけいさん)

 
 
 
 
 

サボり魔の 秘密基地なる 在庫棚

(事務所の主さん)

 
 
 
 
 

タピオカが 部品に見えて 仕方ない

(まさひろさん)

 
 
 
 
 

我慢から 自慢に変わる 発売日

(真珠3さん)

 
 
 
 
 

ワンチーム やっぱり班長 言い出した

(だいちゃんZ!さん)

 
 
 
 
 

動くまで 時間のかかる 部下とロボ

(子育てパパさん)

 
 
 
 
 

他社なのに 回収ニュース 胸痛い

(のほほんとさん)

 
 
 
 
 

理不尽も 無理も組み込み 初期ロット

 (減点パパさん)

 
 
 
 
 

■「現場川柳」ホームページ(全入賞作品の漫画を見ることができます)

 

■特別選考委員 見ル野 栄司(みるの えいじ)氏 プロフィール
漫画家。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。半導体製造装置などの設計開発の会社に10年勤務した後に、漫画家としてデビュー。ベストセラーの著作に、理工系ものづくりの人々の姿を描いたコミックエッセイ「シブすぎ技術に男泣き!」(中経出版)など。現在、週刊プレイボーイにて「秘密組織プレイメーソン」、月刊インターフェースにて「僕たちラズパイ団」、漫画オンウェブにて「1 勝22 敗1 分け」、ファブクロスにて「ミルノラボ」など好評連載中。有料メルマガ「シブすぎ技術秘話」を毎週配信中。

■オプテックス・エフエー