【2020年賀詞交歓会】日本半導体製造装置協会、21年度の売上高 過去最高に期待

2020年1月29日

日本半導体製造装置協会は1月9日、東京・東京会館で新年賀詞交歓会を開催した。

牛田一雄会長があいさつし「半導体製造装置とFPD製造装置市場ともに緩やかな上昇基調にあり、19年度は2兆5658億円となり、20年度には2兆7511億円、21年度には過去最高の売上高2兆7843億円を超えて史上最高額に到達することが期待される。19年は自然災害が多かったことと、グローバル化に逆行したディグローバリゼーションをもたらすような地政学上の事項があり、今後が懸念される。それに対して、昨年はラグビー日本代表が頑張ってくれた。試合が終わればノーサイドで恨みっこなし。同じラグビーマンとしてお互いをたたえ合い、リスペクトの心、日本でいう礼を大事にしている。今の地政学的な懸念に対してラグビーの心でやってほしいと感じている」と話した。

あいさつする牛田会長