三位一体でロボット産業を盛り上げる

研磨材の世界トップメーカーであり、研磨のスペシャリストでもあるスリーエム(3M)は今、研磨作業の自動化・ロボット化に向けた取り組みを強化している。と言っても自前でロボットを作るのではなく、研磨材メーカーとしてロボットメーカーやロボットシステムインテグレータ(SI)との関係を強めている。

つい先日も研磨ロボットラボを相模原事業所内に開設した。材料メーカーとロボット関連企業の協業。字面だけ見ると特別なことではなさそうだが、深く掘り下げてみるとロボット産業の未来へのヒントが見えてくる。

 

これからのロボット産業に必要なのは高度なアプリケーション、つまりはベテランの知見や経験で行っている難易度の高い作業のロボット化だ。そこでは熟練技術者に加え、3Mのような特定領域の専門家の協力が絶対に必要だ。

熟練技術者の技と専門家の科学的分析が合わさって初めて、作業がデジタル化されて再現できるようになる。それはロボットメーカー、ロボットシステムインテグレータだけでは不可能な領域だ。

 

「3人寄れば文殊の知恵」ということわざがある。3人集まって相談すれば、知恵をつかさどる仏である文殊菩薩のような良い知恵・アイデアが浮かぶという意味だ。

幸いなことに日本には多くの専門メーカーと技術者がいて、ロボットメーカーもたくさんある。ロボットSIも数が増え始めている。

3人が集まれる環境が整っている、こんな国は世界を見渡しても他にはない。まさに今がチャンス。日本がロボット大国になれるかどうか。正念場を迎えている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG