三菱電機とNEC 5G活用へタッグ、生産現場の課題解決

三菱電機とNECは、三菱電機が提唱しているFA-IT統合ソリューション「e-F@ctory」における第5世代移動通信方式(5G)活用に向けた共同検証を開始する。

両社は、工場内でのプライベートなローカル5Gと工場間・企業間の連携した公衆網の5Gを適用するハイブリッド5Gを活用しながら、e-F@ctoryを通じた製造業の革新を目指す。

製造現場では、生産ラインの自動化や可視化、工作機械やロボットの多機能化による柔軟な生産設備の実現など、工場内のスマート化が進み、また企業間の高度な連携によるエンジニアリングチェーンからサプライチェーンまでのものづくり全体を最適化することが強く求められている。

ローカル5Gの活用によって例えば、工場内の多数の無人搬送車をよりスマートに動かすことができ、ハイブリッド5Gでは、工場内の情報と公衆網の情報をつなぎ、需要変動にフレキシブルに対応したスマート生産が期待できる。

今回、三菱電機の幅広いFA製品のラインアップと、NECの通信事業者向けの基地局ビジネスで培ってきた無線技術、ノウハウを生かし、FAとITの連携ソリューションで生産現場の課題解決に取り組む。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG