オムロン 最大250キロまで搬送、モバイルロボ 過酷作業にも対応

2019年12月4日

オムロンは、シリーズ最大となる250キログラムまで自動搬送が可能な「モバイルロボットLD-250」を、11月15日からグローバルで発売した。

LDシリーズは、人や障害物を自動で回避し、最適なルートを自ら考えて決められた場所に荷物を届ける搬送ロボット。

新製品は、ロボット上部の面積が従来の約2倍になり、大型の自動車部品や梱包材など、人がカートで行っていた搬送作業を自動化することが可能。従来品よりも頑丈な金属カバーとなり、意図せぬ衝撃や過酷な作業にも対応する。

上部はコンベアや搬送容器など、用途に応じた専用のマテリアルハンドリング機構と組み合わせてカスタマイズすることができ、ニーズに合わせたソリューションを実現。各種オプション(高精度位置決めシステム、サイドレーザセンサ、照明位置決め広角カメラオプションなど)も使用が可能。

また、同社の「フリートマネージャ」によって、搬送重量や性能が異なるモバイルロボットを、最大100台まで同時に制御することができる。

モバイルロボットLD-250