ロックウェル・オートメーションジャパン コネクテッドエンタープライズソリューション「FactoryTalk InnovationSuite」

2019年11月27日

スマートファクトリーを推進

ロックウェル・オートメーションジャパンは、デジタルトランスフォメーション(DX)推進へ、アクセンチュア、マイクロソフト、PTC、アンシス、EPLANと協業し、お客様のIIoT実装の効率に取り組む。

IIFES(ブース№4-69)では、IoTを実現する「コネクテッドエンタープライズ」ソリューションや、ディスクリート、プロセス、モーション、ドライブ、安全制御を共通のコントローラ、プログラミングソフトウェア、ネットワークで可能にする「統合アーキテクチャ」ソリューションを紹介する。

また、機械装置制御に最適なモーション機能付きプログラマブルコントローラ、次世代DCS、SIL3安全計装システム、サーボ、モータ、インバータ、高圧ドライブ、セーフティ機器、各種産業用コンポーネントも展示。

コネクテッドエンタープライズの「FactoryTalk InnovationSuite」は、FactoryTalk Analytics、ThingWorx、Vuforiaの機能を活用。FactoryTalk Analyticsは、産業活動の末端から企業中枢までのスケーラブルな分析が可能で、データソースおよびデータコンシューマの近くで実行することができる。

https://www.rockwellautomation.com/ja_JP/overview.page