サトーパーツ キャラバンカー第2号始動、西日本地区で顧客訪問

サトーパーツ(東京都文京区)は、販売推進用の製品デモキャラバンカーの第2号を購入し、西日本地区を中心に訪問活動を展開している。

1tトラックを改造した第2号車は、ワゴン車をベースにした1号車で得た使い勝手を参考にして改良。両サイドの扉をモータで開閉できるようにするとともに、扉を折り畳んでセットできるようにし、後ろ扉も観音開きにして狭いスペースでも開閉できるようにした。

また、屋外などでの直射日光を避けるために、日除けのロールも出せるようになっている。

キャラバンカーには、スクリューレスやネジ式端子台、ヒューズホルダー・ヒューズ管をはじめ、つまみ、表示灯、コンセント・コネクタ、ターミナル・チップジャック、アクセサリーなどのサンプルボックス6ケースと製品パネル18枚を搭載し、新製品などが加わると都度変更していくようにしている。

第1号車が関東中心に東日本で活動していたが、2号車は大阪営業所以西の西日本地区を中心に訪問。市場開拓担当の社員や販売店といっしょに訪問スケジュールを組んでおり、ほぼ休み無しのフル回転が続いている。

なお、キャラバンカーのナンバープレートは、1号車同様、社名にちなみ「310」となっている。

サトーパーツのキャラバンカー第2号車

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG