国際ロボット連盟 18年ロボット市場動向レポート公開、出荷台数・販売額とも過去最高

国際ロボット連盟(IFR)は、2018年の世界のロボット市場動向についてレポートを公開した。18年は出荷台数、年間販売額ともに過去最高となり、今後も成長していく見通しを示した。

 

19年停滞も20年から再拡大

協働ロボット 急速な伸び率

2018年のロボット出荷台数は、17年比6%増となる42万2000台。年間販売額は165億ドルと過去最高となった。今後の見通しについては、19年は横ばいだが、20年から22年にかけて年間平均成長率12%で再拡大していくと見られている。

また人と並んで作業ができる協働ロボットについて、今回のレポートで初めて分析した。18年は42万2000台のうち1万4000台で、全体の設置台数に占める割合は3%ほどだが、伸び率では23%増と急速に伸びている。

世界ロボット導入台数推移と予測

 

中韓は減速へ 日米欧が拡大

世界最大のロボット市場のアジア全体では前年比1%増加。日本が大幅に増加したが、中国と韓国が減少したことで成長が鈍化となった。ヨーロッパは好調で14%増加し、6年連続で過去最高を更新。アメリカを含む南北アメリカは前年より20%増加し、こちらも6年連続で新記録となった。

国別では、中国が設置台数・金額ともに世界ナンバーワン。景気悪化の影響を受けて1%減の15万4000台となったが、金額ベースでは21%増の54億ドルとなった。中国市場では現地のローカルメーカーのシェアが拡大しており、前年の22%から18年には27%まで増加した。

2位は日本で、21%増の5万5000台となった。13年以降の成長率は17%と高い割合で拡大している。一方、日本のロボットメーカーのシェアは世界供給量の52%となった。

3位は8年連続で増加傾向となったアメリカ。4万300台で、前年比22%増となった。4位は韓国。5%減少となった。5位はドイツ。ヨーロッパでナンバーワンの26%増の2万7000台だった。

 

自動車は堅調

業界別では、依然として自動車産業が最も多く、全体の供給量の30%を占めている。新車の生産能力と近代化への投資がロボットの需要を押し上げ、新しい材料を使用し、エネルギー効率の高い駆動システムを開発し、すべての主要な自動車市場で高い競争が投資を促した。

エレクトロニクス関連は、18年は大幅減の厳しい年となった。米中貿易機器の影響もあり、12万2000台から10万5000台へと減少した。

金属・機械産業は総需要の10%を占めている。18年の設置台数は4万3500台となった。フィンランド(44%)、スウェーデン(42%)、スイス(40%)、ベルギー(30%)、オーストリア(27%)、イタリア(26%)、デンマーク(21%)などヨーロッパ企業が中心となった。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG