東和コーポレーション ロボ専用手袋開発、“がっちり”つかめます

2019年9月18日

作業用手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市)は、産業用ロボット専用の手袋「ROBO Glove(ロボグローブ)」を開発、9月18日から発売開始した。

ロボグローブは、ロボットのハンド部分を水や油から保護し、ワークを把持する時に“滑る”“つかみづらい”といった課題を大幅に改善するロボット専用の手袋。独自の4層構造となっており、ワークとの接点には、吸盤が対象物にしっかり吸着する特殊滑り止め加工のマイクロフィニッシュ、油や水の侵入を防ぐNBR(合成ゴム)、強度を保つNBR、用途に合わせて糸の素材や編み目、糸の太さを最適化して作成する、耐久性に優れた裏布とで構成されている。

形状に合わせてカスタマイズ製作を行っているが、市販のグリッパーに対応する汎用品も用意。

グリッパー部分をしっかり保護するロボグローブのほか、グリッパーの先だけを保護する装着簡単なロボフィンガー、形状や用途に合わせて貼るタイプのロボシート、ロボット本体を守るロボカバーをラインアップ。

ロボグローブ(オンロボット社のグリッパーRG-2に対応)