本多通信 安曇野厚生棟が開所、カフェテリアと寮開設

本多通信工業は、安曇野工場(長野県安曇野市)敷地内に建設を進めていた厚生棟「AZ HOUSE」が完成し、9月7日から開所した。

建築面積約650㎡、延べ床面積約850㎡の鉄骨2階建て厚生棟は、1階が約380㎡のカフェテリア、2階は約286㎡に10部屋の個室独身寮となっている。

「つながる・学ぶ・伸びる」をコンセプトに設計しており、カフェテリアは、約250人が一堂に食事できるスペースがあり、日頃顔を合わす機会の少ない違う職場の従業員・パートナーも集えるほか、イベント時や災害時に地域の人にも開放する「つながる場」を目指している。

独身寮は共同生活で「学ぶ場」としており、長野の地域名を部屋の名前につけている。また、A~Zまで多様な人がつながることで「伸びる場」としても期待している。

さらに、環境への配慮と地域との共生を考慮して、長野県産アカマツ材をフローリングに、テラス・天井にはカラマツ・ヒノキ材を最大限に活用して、「長野県産材CO2固定量認証制度」(ECOCO)の最高ランク(5つ星)を取得。災害発生時の一時避難場所としての活用に向けて、地元区と防災協定を9月7日に締結した。

8月29日の竣工式で同社の佐谷紳一郎社長は「安曇野工場は東京の本社と並ぶコア拠点であり、地元出身者の採用増や安曇野Uターン制度の新設などを進め、地域と共生し貢献していけるグッドカンパニーを目指して進化を続けていきたい」と今後への意気込みを述べた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG