デンソーウェーブ、データ分析機能リリース IoT化への課題解決へ

2019年8月21日

デンソーウェーブは、データ統合コントローラ「IoT Data Server」とデータ統合ソフトウエア「IoT Data Share」の新機能「Data Analysis」を、8月1日からリリースした。

新機能は、データ分析のノウハウがないために、製造現場のIoT化がなかなか進まないという課題を解決するために誕生。専門的な知識がなくても、IoT Data Server/IoT Data Shareが収集したデータをプログラムレスで簡単に分析することができる。

データ収集は、メーカーや通信規格に左右されずに行えるため、工場内のさまざまな設備データを分析することが可能。分析の経過や結果は、データ可視化ダッシュボード「IoT Data View」で表示ができ、どこからでもWebブラウザで閲覧できる。

分析機能は、入力データのしきい値超過判定、入力波形の周波数解析、XbarR管理図を用いた工程能力の監視、ガントチャートを使用した工程の状態監視など全9種類の機能を搭載。分析ツールの中で利用頻度の高い項目を選択し、一つの工程、一つの製造ラインといった小規模な分析からスタートが可能。