アズビル 2019年度安全衛生大会開催、安全意識の向上と取り組みを推進

アズビルは7月3日、品川区立総合区民会館きゅりあんで、同社ビルシステムカンパニー東京本店安全衛生大会を開催、約850人が参加した。

大会では、ビルシステムカンパニー沢田貴史東京本店長による「労働災害の防止や、心身共に健康なよりよい職場環境の実現に向けた取り組みを皆さんにもお願いしたい」と冒頭あいさつがあり、来賓のあいさつや安全表彰を実施。azbilグループ総括安全衛生管理者など、現場で優れた安全衛生活動に携わった個人およびグループの表彰が行われた。

同社は労働災害ゼロの取り組みの一環として全国各地で安全衛生大会を開催しており、社員や協力会社の安全に対する意識向上、浸透を図っている。本年度は11カ所で開催する予定。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る