IVIつながるものづくりアワード、CKDなどが受賞

2019年7月31日

インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)が選定する「IVIつながるものづくりアワード2019」の最優秀賞として、CKDがファシリティとして参画するワーキンググループの「発展的かつ継続的なデータの収集と分析」が受賞した。

受賞理由は、現場にある溶接機のAEセンサを中心としたセンサーデータの収集にとどまること無く、データの前処理での精度向上、さまざまな分析手段を駆使した要因の抽出を実施。またエッジサイドでの画像処理とも連携させながら分析精度を向上させ、IoT事例でありがちなセンサーデータ収集だけにとどまらず現場サイドでの積極的なデータの利活用とその結果としての生産性の向上の好事例と判断された。

実施企業は、CKD、マイクロネット、日本電気、ナ・デックス、伊藤忠テクノソリューションズ、トヨタ車体、インテック、ジェイテクト。