東プレ 薄型ファンフィルタユニット「AEROTOP」

2019年7月10日

高さ最小163ミリ 大風量タイプも

東プレの薄型ファンフィルタユニット(FFU)「AEROTOP(エアロトップ)」は、製造装置内やクリーンルーム、クリーンベンチといった局所空気清浄に最適。半導体、液晶、電子部品の製造工場をはじめ、クリーン環境を求める食品製造工場や医薬品製造工場等にも採用されている。

同製品は独自の高効率ターボファンを搭載し、ユニット高さは最小163ミリメートル。低騒音と薄型化を実現している。運転電源は単相100Vと三相200Vから選定可能で、全8種類の豊富なバリエーション。本体ケーシングにはステンレス材を使い、不織布のプレフィルターも標準装備している。ULPAフィルタにも対応している。

新製品の大風量タイプは、同じく高効率ターボファンを搭載し、HEPAフィルタ装着状態で60Hz使用時に最大20立方メートル/分の大風量に対応。サイズは縦610×横1220×高さ320ミリメートルとなっている。

【紙上参加】

http://www.topre.co.jp/