三菱電機 メカトロニクスフェア東日本、注目技術を多数出品

三菱電機は6月20・21日、さいたま市の三菱電機東日本メカトロソリューションセンターでプライベートフェア「三菱電機メカトロニクスフェア2019in東日本」を開催した。放電加工機や型彫加工機、ファイバーレーザー加工機の最新技術を展示し、約600人が来場した。

フェアは実機の展示とセミナー、内覧会で構成。実機展示では、300×300ミリの加工ができ、EV向け中型モーターコアの製造に適したワイヤ放電加工機の新製品「MX900」と、AI機能を搭載し、加工中に最適な条件へと自動調整できるファイバーレーザー加工機「GX-Fシリーズ」の新製品をメインに展示。そのほかの機種では、注目ポイントを「ブラッシュアップ」という形で展示。加工状況の遠隔監視や加工後のワークの簡易検査などの便利機能を紹介した。

セミナーは加工条件やメンテナンスなど実用的な技術を紹介し、内覧会はファイバーレーザー加工機を導入している近隣のユーザー工場を訪問して実際の利用状況などを見て聞くことができて好評だった。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG