ベッセル 芯線を傷つけない、新ワイヤーストリッパー

ベッセル(大阪市東成区)は、ワイヤーストリッパーねじカッター付「No.3500E-3/E-4」を6月4日から発売した。

新製品は、単線・より線の被膜むきや、電機工事、設備工事、精密機器組み立てなどに適した、M3/M4の小ねじやボルトの切断ができるねじカッター付きのワイヤーストリッパー。

グリップを握り込んでも、芯線に刃があたらない寸法で設計された真円形状のため芯線を傷つけることがなく、エラストマー素材の手にやさしいクッショングリップを採用。全身焼き入れの特殊工具鋼ブレードで、電線の切断に便利な切れ味の良いカッターが付いている。

小ねじ・ボルトの切断機能は、電子工作などに必要な基盤取り付けに適しており、ねじを短く切断することが可能。刃先には、電線の曲げ・引っ張りに便利なプライヤー付き。

グリップには落下防止用のコードの取り付けができ、色で握りの方向が一目でわかる、赤/黒、黄/黒のダブルカラーを採用。また、グリップには電線規格のAWGと、単線とより線の換算表がプリントされている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG