工機ホールディングス、ブラシレスモーター採用 作業効率アップのコードレスインパクトドライバ

工機ホールディングス(東京都港区)は、コードレスインパクトドライバの新製品「WH18DB形/WH14DB形」を6月12日から発売した。

新製品は、18V/14・4Vスライド式リチウムイオン電池を搭載した、コンパクトで使いやすいコードレスのインパクトドライバ。高耐久・長寿命のブラシレスモーターを採用し、カーボンブラシが交換不要のためメンテナンスの手間もかからない。

トリガ連動式の電池残量表示機能を搭載し、本体装備のLEDライトは照射範囲が広いため、暗い場所でも作業が可能。

 

また、アンビルの六角二面幅の加工精度向上と、高精度の軸受け(ソリッド型ニードルベアリング)採用により、ビット振れを低減。これにより、長いビットでもねじ締めがしやすくなっている。

締付け能力は、小ねじ=4〜8mm、普通ボルト=M5〜M16、高力ボルト=M5〜M12。最大締付けトルクは、WH18DBが172N・m、WH14DBが167N・m。

WH18DB形(左)、WH14DB形

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG