本当のスマートファクトリー

先日、ダボス会議を主催する世界経済会議が選定した世界の最先端工場「Lighthouse」のひとつである、シュナイダーエレクトリックのフランス・Le Vaudreuil(ル・ヴォードライユ)工場を見学することができた。

パリから車で約1時間超のところにある工場で、電磁接触器の製造やインバータのカスタマイズなどを行っている“スマートファクトリー”だ。

 

1975年稼働開始の歴史ある工場で、生産設備や建物設備は最新とは言えない。しかし製造装置にはセンサが取り付けられ、工程ごとにエッジコンピュータで情報を管理。構内には特別なセキュリティを施したミニデータセンターがあり、現場にはデジタルダッシュボードが置かれ、作業進捗や稼働状況を一覧で表示。

現場は磁気テープがなくても自在に動くインテリジェントなAGVが動き回っている。装置に異常が発生した時は、現場作業者がARを使って現物と装置のデータを重ね合わせて見ながらチェックをして迅速にトラブル対応。IoTなど最新のシステムをあと付けして最新工場に華麗に変身。まさに思い描くようなスマートファクトリーであった。

同時に、彼らが強調していたのが、工場内のエネルギーマネジメント。ファシリティからデータを収集して省エネ活動を進め、2014年に比べて15%減を達成。今年も省エネを継続し、さらに4%減を目指すという。

 

「最小の資源で最大の効果を出す」工場の究極的な目標はここにあり、今回見学した工場はまさにそれを地で行く良いお手本だった。今ある設備を最大限活かすように改良し、不良を出さずに材料をムダなく使い切り、製造装置の稼動を止めずに時間も浪費しない。

さらに電力などエネルギー消費も最小限に抑えて、支出を減らす。こうすることで時間あたりの生産量を最大化し、利益幅を大きくできる。

スマートファクトリーというと、ついつい製造現場と作業効率化に目が向きがち。しかしファクトリーは生産設備だけではない。それを支える建物設備、ファシリティも一緒に管理することで初めてスマートなファクトリーが完成する。全体最適に向けて良い学びだった。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG