アシックス、産業用ロボットによる自動生産システムでシューズの生産を開始

2019年6月13日

アシックスは、産業用ロボットによるシューズ自動生産システムを、自社工場である山陰アシックス工業へ導入し、主にタウンユースとして使われるライフスタイルシューズの生産を開始した。

今回、山陰アシックス工業へ導入した生産システムは、主にシューズのアッパー(甲被)と靴底の貼り合わせ工程の一部を自動化したもので、接着面のプラズマ加工、接着剤の塗布をロボットにより行うもの。

同社が長年のシューズ開発・生産を通じて培った知見を基に、アシックススポーツ工学研究所で研究・設計をしており、産業用ロボットは安川電機社製の機器を利用している。

 

近年、ユーザーのニーズは多様化しており、さまざまな要望に対し、柔軟、かつ迅速に応える多品種少量生産への対応が求められている。今回の自動生産システムの導入および生産開始により、生産工程におけるひとり当たりの生産数を、約4割高めることができるという。

今後、同システムの改善を進め、生産効率を従来比2倍以上、生産速度を従来比1.5倍以上に高めることを目指すとしている。

出典:アシックス「産業用ロボットによる自動生産システムでのシューズ生産を開始」