協栄産業とギークプラス、6月6日「物流ロボットソリューションセミナー」東京流通センターで開催

協栄産業(東京都渋谷区)とギークプラスは共催で、6月6日、東京都大田区の東京流通センターで「KYOEI物流ロボットソリューションセミナー in 東京」を開催する。

当日紹介される物流ロボットシステムは、ピッキング作業効率を3倍以上に向上させる実績があり、人手不足の解消に期待できるものとなっている。当日は実機を用いたデモンストレーションを実施する予定。

物流ロボットシステム

 

セミナー概要

■日程:6月6日(木)
■時間:1日2回開催 ※事前予約制
    (1) 午前の部 10:00~12:00(開場9:30)
    (2) 午後の部 13:30~15:30(開場13:00)

■定員:各回60名 計120名
■費用:無料
■場所:東京流通センター(東京モノレール「流通センター駅」下車すぐ)
   東京都大田区平和島6-1-1 アネックスビル8F(協栄産業内)

●セミナー内容
 ・搬送ロボット導入とその効果 ~倉庫・工場の自動搬送革命~
 ・追従運搬ロボット「サウザー」紹介

●展示物
 ・ギークプラス製EVE800、EVE100
 ・ドーグ社製THOUZER、サウザージャイアント
 ・イノフィス製マッスルスーツ
 ・インフラ点検ロボットシステム

 

■申し込みフォーム
https://www.kyoei.co.jp/show/seminar2019.html

 

出典:協栄産業「『KYOEI 物流ロボットソリューションセミナー in 東京』開催のお知らせ」

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG