デンソーウェーブ、世界約64%のフィールドネットワークに対応、データ統合コントローラ発売

2019年5月10日

デンソーウェーブは、工場内のさまざまな機器から情報を収集し、IoT化することができるフィールドネットワーク対応のデータ統合コントローラ「IoT Data Server Field−B」を4月12日から発売した。

IoT Data Server Field−B

新製品は、従来製品がもつ、メーカーや機種を問わずあらゆる機器とプログラムレスで接続し、データの収集、加工、保存、通知、公開を行うことができる基本機能に加え、接続可能な機器を大幅に拡大。EtherNet/IP、PROFINET、EtherCAT、DeviceNet、PROFIBUSを含めた世界中の約64%のフィールドネットワークに対応することができる。

また、サイズは145×78.6×150㍉㍍と、これまでの商品ラインアップ中で最も小型で省スペース化を実現。可視化機能は、ダッシュボードの作成、公開機能を標準搭載している。