産総研、OKI、日鉄ソリューションズ、三菱、「人」が主役のものづくり革新推進コンソーシアム設立

2019年5月10日

産業技術総合研究所(産総研)、沖電気工業、日鉄ソリューションズ、三菱電機は、「『人』が主役となるものづくり革新推進コンソーシアム(HCMIコンソ)」を、4月10日に設立した。今後、参加機関を募集し、産総研の情報・人間工学領域長(理事) 関口智嗣氏を会長に、参加機関によって活動を推進していく。

HCMIコンソは、近年のものづくり産業において、低コスト大量生産体制から変種変量生産体制へと変革が進む中「人」の活用が重要であるとし、生産年齢人口の低下に伴い、多様な人材を多様な働き方で活用できる方策の確立を目指し設立。「人」が主役となる新たなものづくりの手法確立と普及を目的としている。

「匠の技・熟練者の経験や勘」を効率よく伝承する手法や、各人が能力・体調に応じて力を発揮しやすい環境やマネジメント手法を確立し、働きながら成長する仕組みの実現を目指していく。

活動拠点は、参加機関が設置する「人」が主役となる新たなものづくりに関する研究開発・実証・評価などを行う「ものづくり革新拠点(仮称)」。まずは産総研の臨海副都心センター内サイバーフィジカルシステム研究棟に開設予定の模擬工場の一部を使用するほか、モデルとする地域拠点を順次設置する予定。

HCMIコンソの設立総会は6月開催予定。