ヘルツ電子 新IoTポカヨケツール、ヘルメットの正しい着用支援

あごひもの締まり瞬時に検知

ヘルツ電子(浜松市北区)は、ポカヨケツールの新商品として、ヘルメットの正しい着用を支援するIoTツール「En-Guard(アンガード)ST-800T-HA01」を4月10日に発売した。

同社は、組み立てや加工、プレスなどの生産工程における作業者のミスを防止するIoTツール群「ポカヨケツール」を世界の工場に展開しており、新製品はヘルメットを着用する作業者の安全確保のためのツール。

ヘルメットのあごひもの締まり具合を、ひたい用とあご用のセンサーでリアルタイムに検知してポカヨケ用受信機に無線送信。ポカヨケ用受信機は、着用状態をPCやPLCへ出力。「生産工程支援ソフトウェア for ポカヨケツール POKAYOKE plus」とLAN経由で連携させることで、ヘルメット着用状態の可視化や着用実績の記録・保存が可能となる。ヘルメットは市販のもので取り付けが可能。

また、すでにPOKAYOKE plusで工具作業のワーク実行状況を管理している場合は、「工具を用いた作業を行っている作業者が、ヘルメットを正しく着用しているか」を把握でき、「作業」と「安全」のポカヨケを同時に管理することができる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG