NTTドコモ 製造ライン分析を提供、課題特定 改善提案まで

2019年4月17日

NTTドコモは、製造ラインの稼働状況をリアルタイムに可視化・分析できる「docomo IoT製造ライン分析」を、4月8日から提供開始した。

同サービスは、中小製造業における人手不足や付加価値の創出・最大化などの課題をICT活用によって解決することをコンセプトにしており、製造機械に取り付けた加速度センサーで振動を計測し、機械稼働データの可視化・分析を行う。2019年夏ごろからはオプションで、専門コンサルタントによる分析データをもとにした課題特定と改善提案サービスを開始し、生産性の改善提案までをワンストップで提供する予定。

サービス開始にあたり、同社では中小製造業での実証実験を行なっており、「既存生産機械の入れ換えなく、安価に稼働状況を可視化・分析でき、解決策の提案もあり助かった」「投資に対する効果がわかりやすい」といった意見や、自動車関連の部品メーカーでは、従来の人手による機械稼働率計測と比べて、実際の稼働率が約20%低いことが判明し、改善の余地があることを確認したという。