HPCシステムズ、ディープラーニング向け 水冷クーラー搭載GPUワークステーション

HPCシステムズ(東京都港区)は、水冷クーラー搭載GPUワークステーション「PAW-200」を3月12日より販売開始しました。

PAW-200

ディープラーニング向けに複数GPUを搭載した高性能ワークステーションを設計する際には、CPUとGPUは最大稼働率で動作するため大きな電力が必要であること、高性能GPUを複数枚隣接して搭載させた際は放熱不足によりGPUクロック低下を招きやすい、という2つの大きな課題があります。

「PAW-200」は、CPUと4枚のGPUを2つの電源で分散して電力を供給する設計となっており、電力供給の安定化を図ると同時に一般的な100V環境下での運用も可能とし、一般的な環境でも機器導入をスムーズに行えるようにしました。

放熱不足によるGPUクロックの低下には、水冷機構を取り入れることで高効率な冷却を実現し、クロック低下を招くことなくGPU性能を落とさず長時間の安定した稼動を実現しました。

 

製品の特長

1.水冷クーラー搭載のNVIDIA(R) Geforce RTX(TM) 2080 Tiを採用
水冷クーラーを搭載し、ディープラーニングの学習計算中のGPUの温度を60℃前後に維持することにより、保護機能の働きを抑え最大クロックでの動作を可能とし学習時間の短縮を実現します。

2.AC100V環境でもGPUx4基の動作が可能
2基のATX電源を搭載。2系統(AC100V/15A×2回路)の電力を供給することでCPU/システムとGPUの動作が安定し、NVIDIA(R) Geforce RTX(TM) 2080 Ti×4基の運用が可能です。

※CPU + システム=200W、Geforce RTX(TM) 2080 Ti(最大約350W)×4=1400W 合計1600W(1台の電源システムの場合100V15Aでは不足)

 

主な仕様

CPU:インテル(R) Core(TM) i9-9900K(8コア16スレッド3.60GHz)
メモリ:32GB DDR4-2666(8GB×4) 最大64GB
ストレージ:58GB NVMe + 2TB SATA3 SSD
GPU:NVIDIA(R) GeForce RTX(TM) 2080 Ti ×4 水冷&空冷ハイブリッドクーラー
   ※GPU側:水冷、ビデオメモリ側:空冷
電源:1200W + 1200W(80PLUS PLATINUM認証取得)
   ※100V/2系統の入力が必要
筐体サイズ:W270mm×H465mm×D476mm(突起物等を除く)
OS:Microsoft(R) Windows(R) 10 Pro 64bit 日本語版
保証:1年間センドバック保証

メモリ容量/ストレージ容量/GPU本数/OS(Ubuntuなど)のカスタムオーダー承ります。

詳細:「PAW-200 AI開発向けワークステーション」

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG