ODVAが年次総会開催、IIoT進展に歩調

ODVA TAG Japan(小島訓代表)は「第22回年次総会」を、東京・品川インターシティ会議室で3月1日開催し、2018年度活動報告、19年度活動計画などを審議し、承認した。

総会では、第1部で講演会として「IIoT技術白書のご紹介」としてパンドウィットコーポレーション日本支社の渡部秀博氏が講演した。

この白書は、昨年ODVAがEtherNet/IPとCIPにつながるIIoTの周辺技術・規格の概要への理解を深めるために制作したもので、コンパクトにわかりやすく解説している。

第2部の総会では、小島代表が最近の活動状況を報告し、「最近の市場調査によると、産業用ネットワークの中でEtherNet/IPがシェアを伸ばしており、トップ維持している。また、Ethernet系のネットワークの採用が増えている」と述べ、さらに「CIPを新しい情報化の価値を持った産業用ネットワークとして育て、普及していきたい」と決意を語った。

続いて、販促委員会のティムメッグス リーダー、技術委員会の渡部秀博リーダー、事務局の鶴岡正敏氏から広報活動のそれぞれ報告が行われた。

19年度は、展示会(IIFES、産業オープンネット展、ODVAカレッジ)を5回+α、セミナーを4回開催するほか、販促資料作成などを意欲的に取り組む計画。尚、事務局が鶴岡氏から今井敬祐氏に交代した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG