NTTデータ、エッジ領域のサービス開始

NTTデータは、米国FogHorn Systems社との日本国内におけるパートナー契約を締結し、エッジ領域でのIoTとAIを活用したコンサルティングやインテグレーションサービスの提供を2月15日から開始した。

サービス内容は、製造業、通信業、エネルギー産業向けに、機械監視・設備保全業務などをIoTとAIを導入して実現するもので、このプラットホームとしてエッジ側でAI処理が可能なエッジインテリジェンス製品のFogHornを活用する。機械設備に近いところに設置したエッジで、リアルタイムでのデータ収集やAI解析が容易になる。

ユーザーは、既存設備に対して最小限の変更だけで、エッジ側の解析により、単純なルールベースだけでなく、統計関数、機械学習、ディープラーニングを利用した高度なモデルを適用し、機械設備に近い現場で、異常検知や予兆把握ができるようになる。

同社は、エッジインテリジェンスを含むAIおよびIoT領域において、2020年度までに売り上げを500億円規模に拡大することを目指すとしている。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る