端子台特集 「つながる・つなげる」新時代へ

端子台市場が社会インフラ、ビル・工場、通信・サービス向けを中心に拡大が継続している。また、人手不足や人件費上昇などから省工数につながるスプリング端子方式の採用が急速に増えている。

IoTへの取り組みが各方面で強まる中で、「つながる・つなげる」役割を担う端子台は新たな時代を迎えようとしている。

 

端子台の市場は、好調な景気状況を背景に製造業の装置向け需要が牽引して市場を拡大してきたが、ここにきて製造業全般に停滞感が強まっている。しかし、その停滞感を一掃するように伸長しているのが、社会インフラ、ビル・工場、通信・サービス向けを中心にした需要だ。

東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う関連インフラ建設、交通網整備が佳境に入っていることに加え、東名阪を中心とした都市再開発、国土強靭化に向けた投資が継続して行われていることで、設備機器の端子台需要が急拡大している。

特需として、熱中症と災害対策から全国の小中学校へのエアコン設置が今年夏までに行われることになっており、空調機器、電気工事、キュービクルなど広範囲での投資効果が見込まれている。

 

製造業でも工場のリニューアルで省エネ化や生産性向上を目指した投資が活発であることに加え、米中間の貿易戦争も絡み、国内への製造回帰に伴う投資もまた、IoTやAI、5G、BCP対策といったITに絡んだ情報化投資も著しく、データセンターや通信施設の建設などが高水準で行われている。

自動車のEV(電気自動車)化や自動運転、蓄電池なども今後の端子台市場として期待されている。EVでは電装市場、充電インフラ、自動運転では各種センサ、データセンター向けを中心に見込まれ、さらに蓄電池は自動車だけでなく、再生エネルギーとの一体活用、災害時の自家発電やバックアップ電源としての利用が期待されている。

一方、これまで端子台市場を牽引してきた工作機械、半導体製造設備、ロボット関連の需要が一時の勢いを失っている。それでも高水準の需要は継続しており、大きな市場であることには変わりない。

 

働き方改革でねじレス転換

配線作業時間を大幅短縮

端子台はIoT化における機器や設備などを「つなぐ」という大きな役割を果たす点から注目されている。最近の端子台は、配線作業性、接続信頼性に加え、小型・省スペース化、DCの高耐圧化などを大きなポイントに開発が進んでいる。

中でも今一番ホットなのは、配線方式でのスプリング式(ねじレス式)の普及だ。今まで日本では、ねじを使った丸圧着端子台(丸端)が長年使用され、定着している。特に高圧・大電流用途や振動の多い用途ではねじ式が使用され、公共建築の配線規定でも明記されている。

しかし、このところの人手不足は製造から建設、保守の現場まで深刻化している。加えて働き方改革もあり、作業時間の削減・短縮は喫緊の課題となっている。

 

従来は、ねじを外して圧着端子を通し、ねじをまた締めるという方法で、手間も時間もかかっているのが実状だ。これに対しねじを使わずに接続するスプリング式は、電線を挿し込み挟んで固定する方法で、いままでのようにねじを開けたり締めたりする必要がなくなり、作業時間が最大60%削減できるというデータもある。

それでもスプリング式は、接続信頼性に不安があるとして、電流容量が大きく、電圧も高い主回路用途では採用が遅れていたが、最近は端子部材料の改良や構造の工夫などで、信頼性が向上してきたことで採用が増えている。

日本配電制御システム工業会(JSIA)は、ねじ式とスプリング式の作業性などについて実機によって検証を行ったが、スプリング式はねじ式に比べ最大で工数が半減する効果が生まれるという結果も出ている。

 

日本で定着している丸圧着端子台(丸端)にスプリング端子台を組み合わせて1台の端子台として使える「ハイブリッド式端子台」も動向が注目されている。

端子台の片方が丸/Y形端子台、もう片方がスプリング式となっており、配電盤に設置する内線はスプリング式、外線は現場の電気工事によく使用して慣れている丸/Y形端子台として使えるため、それぞれにとって都合がよいといえる。

従来、国内向けと輸出向けで端子台を使い分けることが多かったが、国際標準化の流れもあり欧州式端子台に一本化する傾向が強まっている。生産コストの削減や在庫管理上からも有効といえる。

 

さらにハイブリッドな製品として、ねじレス端子台とヒューズホルダーを一体化した製品も注目されている。配線作業が一挙に省力化でき、DINレールにも取り付けが容易になるなど、ヒューズホルダーの新領域開拓につながることが見込まれている。

人手不足が端子台に大きな配線方法の転換を促し、ⅠoTの進展が市場拡大の起爆剤になりつつある。端子台は「つながる・つなげる」役割の中で市場は一気に広がりを見せようとしている。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る