工場新設・増設情報 2月第4週 ヤマシンフィルタ、日産、川崎重工業など

【国内】

▼ヤマシンフィルタ
新研究開発拠点の建設用地として、神奈川県横須賀市に土地を取得した。

同社が独自開発に成功した「合成高分子系ナノファイバー」の事業化に向け、研究開発の促進と製品ラインアップの拡充強化を図るとともに、現在横浜・横須賀・佐賀に分散している研究開発拠点の集約を図り、研究開発体制の合理化・効率化を図ることが目的。

土地面積は約3万5200平方メートル、取得価格は15億8700万円(付随費用含む)。

 

▼クラレ
高機能不織布の需要拡大に対応するため、不織布および不織布製品の製造・販売会社であるクラレクラフレックスの岡山工場(岡山市)に、メルトブローン不織布の生産設備を増設する。

メルトブローン不織布は極細繊維で構成されており、マスク用をはじめ各種フィルターなどに使用されおり、近年、同社独自のメルトブローン不織布や、それらを使用した複合シートの需要拡大が続いていることから、現在の生産能力、年間900トンから増設により2700トンへ拡大を目指す。

稼働時期は2020年後半を予定。

 

【海外】

▼日産自動車とハスナウイ・グループ
両社は、共同出資によるジョイント・ベンチャーを設立し、アルジェリアに自動車工場を設立する。新工場は将来、乗用車と小型商用車で年間6万3500台の生産能力を有する予定。

アルジェリアは、2021年までにアフリカ第2位の規模を持つ市場になるとみられ、同国政府は現地サプライヤの基盤を拡大しつつ、最終的には年産50万台まで生産を拡大することを目標としている。

アルジェリアの新工場により、アフリカ地域での日産の潜在的生産能力は、南アフリカ、エジプト、ナイジェリアの既存工場を含めて総計約20万台にまで拡大する予定としている。

 

▼川崎重工業
インドにおける建設機械用油圧機器の製造・販売・サービス拠点であるウィプロ カワサキ プレシジョン マシナリーの新工場(インド カルナタカ州ベンガルール市)が完成した。

インド市場での油圧ショベルの需要拡大により、現地の建設機械メーカーからの油圧機器需要と新規開拓を目的に、既存工場と同じベンガルール市内に建設。新工場は、総生産能力を2018年度比で2倍の年間4万台に増強する。

敷地面積は1万2500平方メートル、生産開始は2019年4月。

新工場の外観

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG