三菱電機 パネコン2機種追加、Edgecrossに対応

三菱電機は、FAやエッジコンピューティング用途向け産業用PC「MELIPCシリーズ」の新製品として、高解像度液晶とタッチパネルを標準搭載した、ディスプレイ一体型のパネルコンピュータ「MI3000」2機種を、2月28日から発売する。

価格はオープン。年間1000台を販売予定。

 

新製品は、既発売の「MELIPCシリーズ」同様、FAとITを融合できるオープンな日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウエアプラットホーム「Edgecross」および、Ethernet製品とCC-Link IE対応機器間のネットワークを意識しないで通信できる共通プロトコル「SLMP」データコレクタをプリインストールしており、生産現場のリアルタイムなデータ収集やエッジコンピューティングシステムの構築が容易に行える。

また、Edgecrossに対した同社のGT SoftGOT2000をプリインストールして、収集したデータも簡単に表示できる。

表示は21.5型ワイドの大画面とフルHDの高解像度液晶パネルを搭載で、生産現場の収集データを見やすく表示でき、静電容量検出方式によるタッチパネルPCAPの採用で、スマートフォンと同様に指先による直感的な操作性や、液晶バックライトの減衰率低減による視認性向上を実現している。

 

さらに、Windowsに対応したバーコードリーダーや、ネットワークカメラの標準規格に対応したOnVIFカメラなど、さまざまな機器を接続できる。

そのほか、音声出力、拡張スロットなど豊富なインターフェイスを搭載し、用途に応じた最適なシステム構築が可能。

同社は昨年5月に、エッジコンピューティング用途向けの産業用PC「MELIPCシリーズ」3モデル(MI5000、MI2000、MI1000)を発売しているが、生産現場での収集データの表示や、設備・装置の操作を可能にするするため、産業用PCとディスプレイ一体型のパネルコンピュータを追加した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG