安川電機 スポット溶接ロボット 高加圧の対応力向上、バッテリレス化を実現

安川電機は、スポット溶接用途ロボットMOTOMAN-SPシリーズの新たなラインアップとして、「MOTOMAN-SP130」(最大リーチ2236ミリメートル)を1月31日に発売した。

近年、低燃費で環境に優しいエコカー開発のため、自動車製造ラインの構成の変化や、自動車ボディへの新しい素材の採用などが進んでいる。新素材を使用した自動車ボディの溶接工程は、高加圧スポット溶接やそれに合わせたライン作りが必要となり、省スペースや工程統合による高付加価値ラインの構築が求められている。

MOTOMAN-SP130は、可搬質量130キログラムを実現し、高加圧対応の溶接ガン搭載にも柔軟な対応が可能。従来型のスポット溶接電動ガン用サーボモータ(容量1.5kW、2.0kW)に加えて、容量2.5kWのサーボモータを新たに開発しており、自動車ボディの軽量化に伴う新素材向けの高加圧スポット溶接への対応力が向上した。MOTOMAN-SPシリーズ対応の電動ガン用サーボモータは、同社新開発のバッテリレスエンコーダの採用により、バッテリレス化を実現。

また、直線動作時の最高速度制限を撤廃し、ロボットの教示位置・姿勢に応じて直線動作可能な最高速度を自動計算して動作することにより、従来の最高速度制限以上の高速動作が可能となった。新型ロボットコントローラYRC1000に内蔵の電圧変換回路により、海外電圧にトランスレスで対応が可能。

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る