需要拡大 ホームドア市場

2019年1月30日

JR東日本 首都圏330駅に導入計画 私鉄各社 設備投資の優先事項に 日本の鉄道は、運行時刻の正確さはもちろんのこと、駅構内の利便性や娯楽性、清潔さも含めて、世界一と高く評価されている。さらに近年はバリアフリーや安全強化の取り組みが進んでいる。なかでもホームドアの設置はJR・私鉄ともに設備投資の目玉となっており、1日10万人以上の昇降客がある主要駅で設置が行われている。 設置ブームは一過性のものでなく、ここ数年は続く有望市場だ。   鉄道各社の設備投資状況 JR東日本の18年度の設備投資額は6450億円(連結)。安全設備の拡充に力を入れ、ホームドア設置をはじめ、大規模地震対策、踏切事…