サンワテクノス、独とベトナムの現地法人を移転

サンワテクノスは、欧州(ドイツ・フランクフルト)とベトナム(ハノイ)の現地法人を移転した。

欧州は通信インフラの改善が目的で1月3日から、ベトナムは人員増に伴う事務所拡張が目的で1月14日からそれぞれ業務を開始した。

なお、欧州ではスロベニア共和国リュブリャナにサンワテクノスヨーロッパ リュブリャナ事務所を、2018年10月10日に開設している。中東欧地区における事業拡大が目的。

同社では今後も、グローバルネットワークの完成度をさらに上げて、現地に密着したサービスを強化していく方針。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る