【各社トップが語る2019】フジコン、百年企業へ新たな挑戦

2019年1月9日

代表取締役社長 大島 右京 2018年は、制御機器の生産調整の逆風を受けたが、数年前から種まきをしてきた医療機器とセキュリティ関係が30%増と結果を出した。次の新分野として注目しているのが宇宙関連。NASAを見学した際、宇宙船には多くの端子盤が使われ、地上設備に当社の端子盤が使われていたことも判明した。宇宙産業はこれからの市場だが、意識的に取り組んでいこうと思っている。 「幸せづくり。笑顔づくり。」を掲げ、100年企業を目指すなかで、18年はそれに向けた社内の取り組みが活発化し、多くの成果が出た。社員一人ひとりのスター性を見つけて伸ばす「スタープロジェクト」では、2名の女性社員がボーカリスト、…