【各社トップが語る2019】NKE、強みを磨き開発に挑戦

2019年1月9日

代表取締役社長 中村 道一 2019年3月期の業績は、売り上げ、利益とも前年度比20%アップとなりそうだ。産業全体の景況感が良いことに加え、自動化・省力化ニーズが旺盛であることや、当社内の無駄を無くしたオペレーションが業績拡大に貢献している。 また、中国の子会社も自動化機器の生産をグローバルな調達をしながら、完成品までを自社一貫体制で行うことで売り上げが大きく拡大している。 17年4月からスタートしている3カ年経営計画の今年は最終年になるが、19年度のスローガンは「強みを磨く」を掲げた。3年間が順調に進んでいることから、次の3カ年に繋げるために当社の強みを生かし、ものづくりメーカーとして新しい…