【各社トップが語る2019】FAプロダクツ、強固なチームで飛躍

代表取締役社長 貴田 義和

2018年は業績拡大に伴い、事務所の移転を行った。密接なパートナー企業である「ロボコム」「オフィスエフエイ・コム」と同じフロアに居を構え、より強固な連携が進んでいる。5月には栃木県小山市に3社共同でマルチメーカーのロボットとIoTの総合展示場「スマラボ」を開設、すでに海外含め200社以上のお客さまにお越しいただいている。

8月には北関東最大級のSIerでもある日本サポートシステムをグループに迎え、「Team Cross FA」としてスマートファクトリー化をワンストップで提供できる体制を整えた。

市況としては、人手不足からくる「コストダウン」「品質向上」「省力化」ニーズに対し、「スマートファクトリー化(IoT化×ロボット化)」で対応しようというニーズが非常に高い。当社としても、市場のニーズを集め、応えていくことでユーザーの本気度が手に取るようにわかってきた。その知見を、スマートファクトリー構築に必要な「早く、安く、簡単に」できる各種パッケージ企画に反映させ、展開を進めていく。

また、今春には超高速クラウドデータベースを核とした、プラットフォーム「FA Cloud」の正式リリースも予定している。また、「エネルギー」という切り口でも、当社が得意とする太陽光発電ソリューションを製造業に展開できる予定だ。

今年は、コネクテッドインダストリーズを世に広めるという理念に賛同いただける企業に「Team Cross FA」への参画を募り、より顧客ニーズに適したソリューションを提供できる強固なチームにしていきたい。そして最終的にはASEANを中心にグローバル展開を行い、日本の生産技術、製品を世に広めるために、大きく羽ばたく一年にしたいと考えている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG