【各社トップが語る2019】壬生電機製作所、集団・チームの強化

2019年1月9日

代表取締役社長 古野 修 2018年の業績は順調。継続的に強みを活かす取り組みを行い、事業とマーケットを積極的に開拓している。 事業面では、LED・プリンタは堅調。売上構成率も増加している。この夏に発売した電気配線用高速マルチプリンター「MP-60N」は好調で、省力機器の一つとして作業員不足に寄与できる点、従来品より低価格である点で高い評価を得ている。日々の活動の中では新たなニーズの開拓も行っており、組み合わせから発想する強みを活かし、柔軟なカスタマイズや新製品開発へとつないでいっている。 マーケットの開拓は、力をいれて取り組んできた中国市場に関しては足がかりが整った。この1月には中国ドメイン…