【各社トップが語る2019】相原電機、歴史と信頼でさらに躍進

2019年1月9日

代表取締役社長 城岡 充男 2019年4月期の業績は、現在のところ売り上げが前年度比16%増と好調に推移しており、利益も増益が見込めそうなことから、3期連続で増収増益になりそうだ。 ただ、トランスの材料となる素材価格の上昇が著しいことに加え、物流費も値上がりしており、利益面では非常に痛い。特に銅の価格は下がることなく上昇を続けている。 今年は創業55周年、法人化50周年、そして社長就任15周年と「555」と5の並んだ年でもあり、気持ちを新たにしている。昨年も企業の品質偽装や不正が目立ったが、当社の歴史と製品への信頼性が、事業継続と売り上げ拡大への大きな要因となっていると言っても過言ではない。I…